弁理士試験の判例対策なら判例大辞典

小僧寿し事件1

事件の表示

平成6(オ)1102 商標権侵害禁止等
平成9年03月11日 最高裁判所第三小法廷 判決 棄却 高松高等裁判所
判決文全文→http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/js_20100319121158716569.pdf

結論

企業グループの名称(フランチャイズチェーン)は、26条1項1号の「自己の名称」に該当するものと解する。

理由

フランチャイズ契約におり結合した企業グループは、共通の目的の下に一体として経済活動を行うものであるから、このような企業グループに属する表示は、主体の同一性を認識させる機能を有するものというべきだからである。

出題年度

科目 出題年度
短答試験
論文試験
口述試験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【判例検索】

ログイン

ログインしていません。

【広告主様】

【特集】

2013年本試験・予想判例集・厳選10選‎

2013年本試験・予想判例集・厳選10選 ‎

2013年本試験・予想判例集・厳選10選‎

2013年本試験・予想判例集・厳選10選‎

解説者募集中 ‎

固定ページ

公式メルマガ

公式メルマガ
Copyright © 弁理士試験 判例大辞典 All Rights Reserved.